病棟の看護師の仕事と務め

看護師の募集を見ていると「病棟担当」の看護師が多いです。病棟の数だけ看護師は必要であり、一か所だけでなく各診療科の病棟に必要とされています。大きな病院になるとそれだけ診療科も多いですからそれだけたくさんの看護師が必要です。

では病棟看護師の仕事とはなんでしょう。病気やケガで入院することになると社会から隔離されたような気持ちになります。そして患者は病院のベットで療養することが仕事ですから、一重に安静にし休まねばなりません。

看護師の使命には、患者に寄り添うという言葉があります。とても意味深いひとこと。こちらで、『寄り添う』ことの真実を確かめることができます。

患者は情けない気持ちと病気やケガを早く治したいという焦るが気持ちで、情緒不安定にもなります。そういう患者の気持ちを汲み取り穏やかに療養し一日でも早い治癒の手伝いをするのが看護師の仕事です。また不安でたまらない家族にも安心するよう助言をし、家族の気持ちに寄り添い力になれるよう信頼関係を築いていきます。
そして大事な仕事は患者本人が治療にどう臨んでいくかです。病気の治療には長く苦しい戦いを強いられる場合もあります。時として痛みや病気の苦しさから逃れようとすらするでしょう。それを諌め治ろうとする気持ちを引出しどんな治療にも耐えられる気力が備わるよう尽力をしなければなりません。場合により手術もあるかもしれません。患者に合わせた治療を医師と共に考え実行していく看護計画の立案や実行もあります。

病棟看護師の仕事は申し送りを夜勤の看護師より聞き、夜間に問題がなかったかどうかの確認をし状態の変化をみます。こうして得た情報から看護予定を立ててゆきます。カンファレンス終了後には受け持ち患者の病棟を回り、血圧、脈拍や体温、呼吸数の測定をします。測定した値を医師に報告します。

その後は患者の身体を拭いてあげ洗浄や手浴、足浴、環境の整備など患者の清潔保持に努め点滴や検査の準備をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です